小児のアトピー性皮膚炎とはどんな病気か

 乾燥肌による敏感肌にアトピー素因が重なって発症する慢性の皮膚炎ですが、乳幼児は皮膚が薄く皮脂も少ないためとくに皮膚が敏感で、乳児期には食物アレルギーが関係することもあります。乳児では症状が2カ月以上、幼児期以降では6カ月以上続く時に本症と診断します。国内の小児の2割近くにアトピー性皮膚炎がみられ、決してめずらしいものではありません。
 また成長とともに症状が軽くなっていくことが多いのも特徴です。患児には喘息(ぜんそく)やアレルギー性鼻炎などのアトピー疾患の合併がしばしばみられます。

原因は何か

 乾燥肌に対する刺激として、乳児期ではよだれや食べこぼし、涙、衣服などとの摩擦(まさつ)が原因になります。幼児期から学童期にかけては、汗や土が刺激になりやすく、空気が乾燥する冬と汗をかきやすい梅雨から夏にかけて悪化しがちです。もちろん、皮膚をかく刺激は皮膚炎の大きな悪化の原因になります。
 また、とくに乳児期には、卵白や牛乳などの食物に対するアレルギーのためにかゆみや紅斑(こうはん)、じんま疹などによって症状の悪化がみられることがあります。

症状の現れ方

 乳児では生後2カ月目ごろから、頬や口のまわり、頭部などにかさぶたのついたじくじくした皮膚炎がみられ、次第に首から前胸部、肘(ひじ)や膝(ひざ)の内側にも同様の症状が広がっていきます。耳切れもよくみられます。顔の紅斑は1歳過ぎまで続きますが、その後次第に軽くなります。
 幼児期から学童期にかけては首、腋(わき)の下、肘や膝の内側にかさかさした皮膚炎がみられるとともに、体幹とくに側胸部に鳥肌のように毛穴が盛り上がった、いわゆるアトピー肌がみられ、とくに冬季には肌が全体に乾燥して粉を吹いたようになります。慢性的にかくために皮膚は厚くごわごわしてきます。

検査と診断

 乳児期には、卵白や牛乳など食物中の蛋白に対するアレルギーが皮膚炎の悪化に関係していることがあります。とくに、病変の範囲が広く全身に紅斑がみられる場合には、血液検査などで食物アレルギーの有無を調べ、医師と相談しながら食べ物の除去や解除を行うようにします。根拠なしに自己判断で食べ物を制限するのはよくありません。
 頭部に分厚いかさぶたがついた乳児脂漏性(しろうせい)皮膚炎や顔を中心に小さな丘疹(きゅうしん)が多発する新生児ざ瘡(ざそう)は、いずれも生後2〜3カ月の間に自然に軽くなっていきます。じくじくしたびらんとかさぶたが急に広がる場合には伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)(とびひ)の可能性があり、時にかゆみを伴う小さな丘疹が増える場合には伝染性軟属腫(なんぞくしゅ)水いぼ)の可能性があります。

治療の方法

 白色ワセリンやヘパリン類似物質外用薬(ヒルドイドソフト)などの保湿剤を入浴後に塗り、皮膚炎にはステロイド薬を塗ります。子どもは皮膚が薄いので、比較的弱いランクのステロイド薬でも効果を発揮します。また2歳以上の小児には、免疫調整薬タクロリムス(プロトピック)を使用することもあります。
 皮膚炎が軽くなっている時でも保湿剤の外用は続けて、調子のよい状態を保つようにします。かくのが止まらない時には、患部にステロイド薬を塗ったあとに亜鉛華(あえんか)単軟膏を布に伸ばしたものを貼って包帯で巻くのも有効です。また、抗ヒスタミン作用のあるかゆみ止めの内服も効果的です。
 食物アレルギーが皮膚炎の悪化に関係していることが明らかな場合には、食物制限を行う、クロモグリク酸ナトリウム(インタール)を食前に服用するなど、医師と相談しながら対策を立てます。

小児のアトピー性皮膚炎に気づいたらどうする

 子どものアトピー性皮膚炎は、成長して皮脂が増えるとともに次第に軽くなっていくことが多く、かゆい皮膚炎が一生続くことはありません。皮膚炎が悪化する理由を医師と相談しながら見つけていき、できることから対策を実行すること、スキンケアや薬を使った治療も上手に組み合わせながら、早めに皮膚炎を軽くしていくことが大切です。