自家感作性皮膚炎とはどんな病気か

 体の一部に強い皮膚炎(原発巣)が生じたあと、しばらくしてからその発疹の周囲から全身に細かい丘疹(きゅうしん)(散布疹(さんぷしん))が現れる疾患です。

原因は何か

 接触皮膚炎貨幣状皮膚炎(かへいじょうひふえん)など急性の皮膚炎が悪化すると、その病変部で活性化したリンパ球がほかの離れた部位にも皮膚炎をもたらすと考えられています。急性皮膚炎に併発した細菌感染が誘因になることもあります。

症状の現れ方

 じくじくした原発巣が現れて1〜数週間後にその周囲や顔、体幹、四肢など全身に直径1mm程度の丘疹が多発します。激しいかゆみがあり、かいたところに新たな散布疹が出てくることもあります。細かい散布疹が融合して硬貨大になったり、手のひらや足の裏では大きな水ぶくれになることもあります。

検査と診断

 全身に細かい丘疹が現れ、原発巣がなく周囲の人に同じ症状がみられる場合、虫さされや疥癬(かいせん)の可能性があります。とくに疥癬は伝染性が強いので皮膚科での顕微鏡検査が必要です。
 水痘などのウイルス感染症でも全身にかゆみのある細かい丘疹が急激に現れてきますが、発熱やかぜ症状などほかの症状の有無から見分けます。

治療の方法

 ステロイド外用薬を原発巣と散布疹に塗って皮膚の炎症を和らげます。じくじくした発疹には亜鉛華(あえんか)単軟膏を布に伸ばし重ねて貼ると効果的です。かゆみに対しては抗ヒスタミン薬を内服します。
 原発巣が大きい時や散布疹の出る勢いが強い時には、ステロイド薬を短期間内服することがあります。原発巣が治るとともに散布疹は軽くなっていきます。

自家感作性皮膚炎に気づいたらどうする

 原発巣を適切に治さなければ散布疹は勢いよく増えていき、かゆみのために眠れなくなるなど、体調にも悪影響を及ぼすので、早めに適切な治療を受けることが大切です。