手湿疹とはどんな病気か

 手に接触する物質の刺激やアレルギーによって生じる手のひらや指の皮膚炎で、女性に多く、主婦に生じた場合には主婦湿疹とも呼ばれます。

原因は何か

 日常生活で触れるさまざまなものの刺激によって生じる皮膚炎で、皮膚の表面を保護する角層間脂質(かくそうかんししつ)がもともと少ない体質(乾燥肌)であったり、職業・家事などで水やシャンプー・洗剤などをしょっちゅう使うことで角層間脂質や天然保湿因子が減ると起こりやすくなります。
 空気が乾燥する秋から冬に悪化することが多く、空気の乾燥や温かい湯による食器洗いなども悪化に関係します。また化学物質や植物・金属など手で触れるものに対するアレルギー反応によって皮膚炎ができている場合もあります。

症状の現れ方

 手のひらや指の皮膚が乾燥してきめが粗くなり、紅斑(こうはん)がみられます。指先の皮膚が荒れて乾燥してくる場合と、指の間に紅斑ができて次第に範囲が広がっていく場合があります。悪化すると皮膚が硬くなり亀裂(ひび)が現れます。強いかゆみがみられることが多く、かくことでさらに症状が悪化していきます。
 手のひらだけでなく足の裏にも乾燥や紅斑がみられる場合には掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)や白癬菌症(はくせんきんしょう)(水虫)、指の間に紅斑がみられる場合にはカンジダ症の可能性があるので、皮膚科での診察や検査が必要です。

治療の方法

 シャンプーや水仕事のあとにはこまめにハンドクリーム(尿素含有など)やワセリンなどの保湿外用剤を塗って、失われた油分と水分を補います。よくならない場合や、かゆみが強い場合には皮膚科を受診してください。皮膚の炎症に対してはステロイド外用薬を用い、ひびやかき傷には亜鉛華(あえんか)単軟膏を布に伸ばして貼るなどの治療を行います。

手湿疹に気づいたらどうする

 水仕事の時はゴムやビニール製の保護手袋を着用するなど、日常生活で皮膚への刺激を減らす工夫が大切です。治りが悪い場合には、刺激だけでなく生活や仕事で接触する物質に対するアレルギーの検査(パッチテスト)を受けます。