汗疱とはどんな病気か

 手のひらや手指、足の裏に小さな水疱(すいほう)が多数現れる再発性疾患です。

原因は何か

 原因は明らかではありませんが、夏期に汗の多い人にみられることが多いことから、汗が間接的に影響を及ぼしていると考えられています。また、食べ物や歯科金属中の金属に対するアレルギーが原因になっている場合もあります。

症状の現れ方

 手のひら、手指、足の裏などに、両側で内容が透明な小さな水疱が急に多数現れ、とくに指の側面によくみられます。小さな水疱はくっつき合って大豆大にまでなることもあり、通常かゆみはなく、時に周囲に紅斑を伴い強いかゆみや軽い痛みがあります。小さな水疱は次第に吸収され、通常2〜3週間で丸い鱗屑(りんせつ)(皮膚表面からはがれ落ちる角質)になってはがれて治っていきます。

検査と診断

 白癬菌症(はくせんきんしょう)(水虫)の可能性について、皮膚科で検査をします。足に白癬があってじくじくしている時には、白癬疹といって菌は感染していないのに手のひらや指にも小さな水疱が多発することがあるので、このような場合も皮膚科を受診します。金属アレルギーの関与が疑われる場合はパッチテストを受けます。

治療の方法

 小さな水疱が現れてかゆみがある時には、ステロイド外用薬が有効です。水疱が乾いて皮膚が丸い鱗屑になってはがれる時期には、尿素(にょうそ)含有軟膏を手洗い後に塗ります。

汗疱に気づいたらどうする

 初夏のころ手のひらや指に小さな水疱が多発して、かゆみがなく、数週間で軽くなってしまう場合は、なるべく水仕事をひかえ、めくれてきた皮膚をむしらないようにして様子をみてもいいでしょう。かゆみが強い場合や、年間を通じて症状がみられる場合には、皮膚科で詳しく診察や検査を受けてください。