すうぃーとびょうスウィート病の症状や原因・診断と治療方法

スウィート病とはどんな病気か

 発熱と血液中に好中球(こうちゅうきゅう)(白血球の一種)の増加を伴って急に発症する、隆起性の紅斑を特徴とする病気です。

原因は何か

 細菌などに対して好中球の機能が高まって生じる過敏反応と考えられます。約20%の症例で血液疾患や悪性腫瘍を伴います。とくに白血病(はっけつびょう)や骨髄異形成(こつずいいけいせい)症候群が多く、関連性が注目されています。

症状の現れ方

 上気道感染が先行する例もありますが、39℃前後の発熱とともに顔、頸(くび)、上半身を中心に、境界がはっきりした、周囲から隆起した紅斑または毛嚢炎(もうのうえん)(毛穴の炎症)に似た丘疹(きゅうしん)が多発し、しばしば痛みや圧痛がみられます(図8)。紅斑の上に水ぶくれや膿疱(のうほう)(膿をもった水ぶくれ)を伴うこともあります。色調は鮮紅色ですが、経過とともに暗紅色ないし紫紅色に変わります。治療をしないと小さくなったり大きくなったりを繰り返します。

検査と診断

 皮膚の生検(皮膚を数mm切り取って調べる病理組織検査)を行い、真皮に好中球やその核の破片が密に浸潤(しんじゅん)していること、血管炎がないことを確かめます。血液検査では好中球を主体とする白血球数の増加、赤沈やCRPなどの炎症反応の亢進がみられます。時にベーチェット病との区別が難しいことがあります。

治療の方法

 高熱や関節痛のために入院が必要になることが多い病気です。治療は、副腎皮質(ふくじんひしつ)ステロイド薬の点滴注射または内服が一般的です。ヨードカリやDDS(レクチゾール)も多くの症例で有効です。

スウィート病に気づいたらどうする

 できれば入院可能な病院の皮膚科を受診します。スウィート病が治ったのちに骨髄異形成症候群などの血液疾患が発症することがあり、注意が必要です。

今月のおすすめ【PR】