とくはつせいけっしょうばんげんしょうせいしはんびょう特発性血小板減少性紫斑病<皮膚の病気>の症状や原因・診断と治療方法

特発性血小板減少性紫斑病とはどんな病気か

 明らかな基礎疾患や原因薬剤の関与もなく発症し、血小板数が減るため、さまざまな出血症状を引き起こす病気のことをいいます。慢性型と急性型とがあり、急性型は小児に多く、急激に発症します。一方、慢性型は20〜40歳の女性に多く、徐々に発症します。

原因は何か

 血小板に対する自己抗体ができ、脾臓(ひぞう)で血小板が破壊されるために、数が減ってしまうと推定されています。

症状の現れ方

 出血症状は紫斑(点状出血および斑状出血)が主で、歯肉出血、鼻出血、下血、血尿、月経過多などもみられます。関節内出血は認められません。出血症状を自覚していなくても血小板数の減少を指摘され、受診することもあります。

検査と診断

 以下の検査所見から診断します。 (1)血小板減少10万mm3以下 (2)骨髄(こつずい)では骨髄巨核球(きょかくきゅう)の数は正常ないし増加 (3)血小板結合性免疫グロブリンG(PAIgG)の増加

治療の方法

 治療はまず副腎皮質ステロイド薬が使われ、血小板数や症状をみながら、徐々に減量していくのが一般的です。効果がない時には脾臓の摘出手術が行われます。それでも効果が不十分な場合は、免疫抑制薬などが使われます。
 小児に多くみられる急性型の大部分は自然に治ります。慢性型ではステロイド薬で治るのは20%で、脾臓を摘出した人の60〜70%に改善がみられます。しかし、まれに頭蓋内出血で死亡することもあるため、激しい頭痛、吐き気、嘔吐などの症状が出たら、すぐに医師に連絡することが大切です。

特発性血小板減少性紫斑病に気づいたらどうする

 治療は個人で差があるので、必ず現在の自分の状況を小児科医もしくは内科医に説明して、適切な指示を受けてください。

病院をさがす

今月のおすすめ【PR】