妊娠性疱疹<皮膚の病気>の症状の現れ方

 初めはじんま疹に似ている紅斑(こうはん)で症状が現れます。非常にかゆいのが特徴です。それに引き続いて、じんま疹のような浮腫性の紅斑の上に水疱が出てきます。

妊娠性疱疹<皮膚の病気>の診断と治療の方法

 本来は水疱性類天疱瘡と同じ治療を行うのですが、妊娠中であるという特殊事情と、妊娠が終われば軽快することが多いことから、まずは副腎皮質ホルモン(ステロイド)薬が十分に使える時までは、ステロイド薬の外用(塗り薬)で治療を試みます。うまくいかない時にはステロイド薬の内服となります。