黒色表皮腫とはどんな病気か

 皮膚が黒く、ごわごわしてくる角化症(かくかしょう)(皮膚の最表層の部分が厚くなる病気)です。良性型、悪性型、仮性型の黒色表皮腫に大別されます。

原因は何か

 良性型は内分泌障害・先天異常、悪性型は内臓の悪性腫瘍、仮性型は肥満に伴って生じます。高齢者では悪性型が多くみられます。
 良性型や仮性型は、インスリン抵抗性が基礎にあるために生じると考えられています。インスリン抵抗性とは、血糖値に比べて、血中のインスリンというホルモンが不適当に高い状態です。
 このような状態では、血中インスリンが、皮膚の細胞のインスリン様(よう)増殖物質レセプター(受容体)に結合して、皮膚の細胞が増殖し、黒色表皮腫になると考えられています。

症状の現れ方

 乳房下部、腋窩(えきか)(腋(わき)の下)、項部(こうぶ)(うなじ)、頸部(けいぶ)(くび)、肘窩(ちゅうか)(腕の関節の屈曲部)、膝窩(しっか)(膝(ひざ)関節の後面)、肛囲(肛門の周囲)などに皮膚の色素沈着(黒褐色のことが多い)、角質の増殖が現れます(図16)。
 全身の皮膚に、びまん性に褐色〜黒褐色の色素沈着がみられることもあります。毛髪が薄くなったり、毛が抜けやすくなることもあります。
 悪性型黒色表皮腫に合併する悪性腫瘍の大部分は腺(せん)がんであり、なかでも胃がんが多くみられます。この場合には皮疹(ひしん)が先行する場合と、同時に発生する場合の両方があります。
 高齢者にこの病気が生じた場合には、悪性腫瘍の有無を検索する必要があります。

検査と診断

 病理組織学的検査(皮膚を採取して顕微鏡で観察する検査)と血液学的検査を行います。血液学的検査では空腹時血糖、血中インスリン濃度を測定したり、耐糖能(たいとうのう)検査(上昇した血糖値を正常にもどす能力を調べる)を行います。
 高齢者の場合は悪性腫瘍の有無を検索します。

治療の方法

(1)5%サリチル酸ワセリンを1日2〜3回患部に塗ります。 (2)ビタミンA軟膏を1日数回患部に塗ります。 (3)尿素(にょうそ)軟膏を1日数回患部に塗ります。

黒色表皮腫に気づいたらどうする

 まず、皮膚科専門医を受診して正しい診断をしてもらいます。必要があれば皮膚科専門医から糖尿病専門医を紹介してもらい、インスリン抵抗性の治療を受けるとよいでしょう。

関連項目

 糖尿病肥満症胃がん