膿疱性乾癬(汎発性)<皮膚の病気>の症状の現れ方

 にきびのような赤い発疹で始まり、2〜3日のうちに急速に大きくなり、それとともに赤い発疹のまわりを囲むようにうみが出て、中心は茶褐色の色がついた状態となっていきます(図27)。
 発疹とともに熱が出て、全身がだるく、口のなかが荒れ、それらが併さって食欲が低下するため、低栄養となることもあります。

膿疱性乾癬(汎発性)<皮膚の病気>の診断と治療の方法

 基本的には尋常性乾癬に対する治療と同じです。しかし、症状が重いため、早期から強力な治療が必要になります。
 したがって、内服薬や点滴による治療が主体となり、主としてステロイド薬の内服や点滴を行います。外用薬にもステロイド薬が用いられ、うみが多量に出る場合は肌を保護するためにガーゼをあて包帯をします。
 内服薬として、ビタミンA類似物質であるレチノイド(チガソン)や免疫抑制薬であるシクロスポリン(ネオーラル)も用いられます。
 レチノイドには催奇形性(さいきけいせい)や肝障害、シクロスポリンには腎障害や高血圧の副作用が出ることがあります。ステロイド薬にも糖尿病胃潰瘍高血圧骨粗鬆症(こつそしょうしょう)、易(い)感染性(感染しやすい)、精神症状などの副作用が出ることがあるので、医師の指示どおりに服用することが大切です。