類乾癬<皮膚の病気>の症状の現れ方

 発疹の大きさにより、滴状(てきじょう)類乾癬と局面状(きょくめんじょう)類乾癬に分類されています。
 滴状類乾癬は、径1cm程度の紅い発疹で、やや盛り上がったものもあり、表面がガサガサして垢(あか)をもちます(図29)。新しい発疹と古い発疹が混在してみられ、古いものは色素沈着や白斑(はくはん)を残します。通常はかゆくも痛くもありません。
 局面状類乾癬は、径5cmくらいの滴状より大きな発疹です。発疹が大型で皮膚の萎縮がある場合は、悪性リンパ腫(菌状息肉症(きんじょうそくにくしょう))に移行していることもあるため注意が必要です。

類乾癬<皮膚の病気>の診断と治療の方法

 外用薬にはステロイド薬が多く用いられています。治りにくい場合には、光線療法(PUVA療法)も行います。