こうたくたいせん光沢苔癬の症状や原因・診断と治療方法

光沢苔癬とはどんな病気か

 大きさがほぼ均一の、小さな盛り上がり(丘疹(きゅうしん))がたくさん集まって生じる病気です。扁平苔癬(へんぺいたいせん)のひとつのタイプとする説もあります。小児に多く、男子に多い傾向があります。

原因は何か

 はっきりした原因は不明です。女性では月経と関連する場合があることから、ホルモンアレルギーと考えられたり、結核(けっかく)に合併することがあることから、結核に対する反応性の発疹とみられたりしています。

症状の現れ方

 大きさがほぼ均一で、一つ一つは2〜3mmの黄白色の丘疹がみられ、表面はつるつるとして光沢をもちます。かゆみはなく、体や腕に現れますが、陰茎(いんけい)や亀頭(きとう)にもできます。頭や顔、手のひら、足の裏にはみられません。
 通常は長く続く病気ですが、自然に治ることもあります。

検査と診断

 診断は、特徴的な発疹とその分布、経過から判断します。診断の確定のためには、発疹の一部を切って顕微鏡で調べる組織検査を行います。

治療の方法

 自然に治ることもあるので、発疹が少数であれば、通常はそのままで様子をみます。発疹が多数の時は、ステロイド外用薬を使用すると効果がある場合があります。

光沢苔癬に気づいたらどうする

 発疹が少数であれば様子をみてもかまいません。多数みられる場合は、皮膚科専門医のいる医療機関を受診し、診断と治療を受けたほうがよいでしょう。

関連項目

 炎症性の角化症の全項目

病院をさがす

今月のおすすめ【PR】