光沢苔癬<皮膚の病気>の症状の現れ方

 大きさがほぼ均一で、一つ一つは2〜3mmの黄白色の丘疹がみられ、表面はつるつるとして光沢をもちます。かゆみはなく、体や腕に現れますが、陰茎(いんけい)や亀頭(きとう)にもできます。頭や顔、手のひら、足の裏にはみられません。
 通常は長く続く病気ですが、自然に治ることもあります。

光沢苔癬<皮膚の病気>の診断と治療の方法

 自然に治ることもあるので、発疹が少数であれば、通常はそのままで様子をみます。発疹が多数の時は、ステロイド外用薬を使用すると効果がある場合があります。