成人スティル病<皮膚の病気>の症状の現れ方

 高熱とともに特徴的発疹、関節痛が現れます。発疹は薄い紅色(サーモンピンク色)の紅斑が発熱とともに現れるのが特徴的で、かゆみはあまりありません。発疹にはバリエーションがあり、主なタイプにはやや盛り上がった丘疹性(きゅうしんせい)紅斑とじんま疹に類似するじんま疹様紅斑があります。

成人スティル病<皮膚の病気>の診断と治療の方法

 ステロイド薬の内服治療が有効で、通常は少量で十分な効果が得られます。