全身性アミロイドーシスとはどんな病気か

 いろいろな蛋白質がアミロイド線維(せんい)(分枝しない線維状で、水に極めて不溶)として全身組織に沈着し、さまざまな障害を引き起こす疾患です。

原因は何か

 以下に、沈着するアミロイド成分による分類を示します。 (1)免疫グロブリン性アミロイドーシス(免疫グロブリンL鎖(さ)が沈着) a.原発性全身性アミロイドーシス b.骨髄腫(こつずいしゅ)に伴うもの (2)反応性(続発性)
 慢性活動性疾患に伴うもの。SAA(血漿アミロイドA蛋白)が沈着。 (3)家族性アミロイドーシス
 家族性アミロイド性多発神経障害など。異常トランスサイレチンなどが沈着。 (4)透析アミロイドーシス(β2‐ミクログロブリンが沈着) (5)老人性アミロイドーシス(トランスサイレチンが沈着)

症状の現れ方

 乳白色から黄色の蝋様(ろうよう)の丘疹(きゅうしん)が眼瞼(がんけん)、首、外陰部(がいいんぶ)にできます。また、紫斑(しはん)(眼瞼に)、結節、局面(盛り上がった紅斑)、強皮症様硬化(きょうひしょうようこうか)、色素沈着、脱毛など、さまざまな形態で現れます。
 皮膚以外の症状としては、倦怠感(けんたいかん)、起立性低血圧、しわがれ声、爪の変形、巨舌(きょぜつ)、肝肥大(かんひだい)、浮腫(むくみ)などがあります。とくに、手根管(しゅこんかん)症候群が他の症状と併せてみられる時は、アミロイドーシスが疑われます。

検査と診断

 組織検査では、コンゴーレッド染色で赤色、緑色偏光を示すことが特徴的です。ダイロン染色で赤橙色、チオフラビンTで黄色蛍光(けいこう)を示します。電子顕微鏡で、アミロイド線維が証明されます。直腸粘膜、皮下脂肪の生検(組織をとって調べる)によるアミロイドの特定が必要です。
 免疫グロブリン性アミロイドーシスの場合は、血中免疫グロブリンの増加、尿蛋白陽性になり、骨髄腫(こつずいしゅ)の検索が必要です。区別すべき疾患には、血小板減少性紫斑病(けっしょうばんげんしょうせいしはんびょう)、壊血病(かいけつびょう)、甲状腺機能低下症環状肉芽腫(かんじょうにくげしゅ)、サルコイドーシス、リンフォーマ、黄色腫(おうしょくしゅ)、脂肪類壊死症(しぼうるいえししょう)があります。

治療の方法

 原発性アミロイドーシスの患者さんの平均余命は13カ月といわれ、骨髄腫に伴うアミロイドーシスではより短いとされています。心臓、腎臓にアミロイド沈着による障害を来した場合、予後はとくによくありません。
 心、腎不全に対する対症療法を行います。

全身性アミロイドーシスに気づいたらどうする

 皮膚科、内科を受診します。