弾力線維性仮性黄色腫<皮膚の病気>の症状の現れ方

 肘窩(ちゅうか)、膝窩(しっか)、腋窩(えきか)、側頸部(そくけいぶ)、へそなどの皮膚、また口腔、腟、肛門の粘膜に、1〜3mmの黄色丘疹(おうしょくきゅうしん)が線状または網状に集まった形で現れます。毛をむしった鳥の皮のようだといわれます。多くは20代で発症します。加齢とともに皮膚は軟らかくなり、しわが目立ち、垂れ下がってきます。
 眼の症状としては網膜の色素線条(すじ)が特徴的です。両側にでき、20〜40歳で発見されます。ほかに、眼底出血、脈絡膜炎(みゃくらくまくえん)も起こります。
 心・血管系の症状としては、末梢動脈の狭小化・閉塞、動脈波の減弱、間欠性跛行(かんけつせいはこう)、腎動脈病変による高血圧狭心症(きょうしんしょう)や心筋梗塞(しんきんこうそく)症状も起こります。ほかに、脳血管障害(けいれん、くも膜下出血)、消化管梗塞(こうそく)、肺、尿路症状の報告もあります。

弾力線維性仮性黄色腫<皮膚の病気>の診断と治療の方法

 皮膚の症状から本症を疑って診断を確定させることは、眼、心疾患の早期発見につながって予後に関係します。
 経過は慢性で、加齢とともに現れるため、眼科・内科的フォローアップが重要です。皮膚は美容的治療になります。眼の症状については、早期発見による経過観察およびレーザー治療で、失明を防ぎます。