かんじょうにくげしゅ環状肉芽腫の症状や原因・診断と治療方法

環状肉芽腫とはどんな病気か

 真皮のコラーゲンの変性(組織が壊れる)とムチン沈着、それを取り巻く炎症性肉芽腫(えんしょうせいにくげしゅ)です。症状によって、限局型、汎発型(はんぱつがた)をはじめ、多くの種類があります。

原因は何か

 外傷(ツベルクリン反応、帯状疱疹(たいじょうほうしん)の瘢痕(はんこん)など)、虫さされ、紫外線、金製剤、糖尿病などが原因です。

症状の現れ方

 限局型は平滑で、通常の色から淡紅色の硬い小丘疹(しょうきゅうしん)で始まり、遠心状に拡大します。中心は陥没し、1〜5cm大の環状堤防状隆起になります。手背、腕関節に数個発生し、ほかの症状がないのが特徴です。
 汎発型は体幹、四肢末端に左右対称に、斑状の局面、丘疹、結節が急速に現れ、環状配列を示す部分もみられます。ほかに穿孔(せんこう)型、中心臍窩(ちゅうしんさいか)をもつ丘疹型、紅斑型、結節型、線条型、潰瘍型、皮下型(小児に多く、頭部、手のひら、下肢、また関節など骨突起部に好発)などさまざまです。

検査と診断

 組織検査では、膠原(こうげん)線維変性、ムチン沈着、一部線維化があり、周囲をリンパ球、組織球が取り囲む像になります。汎発型は、糖尿病合併があるので、その検索が重要です。区別すべき疾患として脂肪類壊死症(しぼうるいえししょう)、リウマチ結節、サルコイドーシス扁平苔癬(へんぺいたいせん)があります。

治療の方法

 生検などの外的侵襲により自然に消退することもあります。2年以内に多くの例が消退します。しかし汎発型では10年以上続くこともまれではありません。全般的に治りにくい病気です。

環状肉芽腫に気づいたらどうする

 皮膚科を受診します。

病院をさがす

今月のおすすめ【PR】