ふけ症(頭部粃糠疹)<皮膚の病気>の症状の現れ方

 細かい米ぬか状の白色ないし灰色のふけが、頭皮の一部または全体にみられ、くしなどでこすると簡単にはがれ落ちます。20代がピークで、その後とくに誘因もなく、ふけの量が増えたり減ったりします。40〜50代になると自然に軽快する傾向にあります。普通、かゆみはなく、あっても軽度です。明らかな炎症を伴ってくると脂漏性皮膚炎に移行します。

ふけ症(頭部粃糠疹)<皮膚の病気>の診断と治療の方法

 抗真菌薬であるケトコナゾールを含有するシャンプー(コラージュフルフル)をはじめ、真菌を抑制するジンクピリジンチオンを含有するメリットシャンプー、カロヤンなどのヘアートニックが用いられます。これらは薬局で市販されています。洗髪回数としては、毎日1回または1日おきが適当であり、洗いすぎは逆効果のことがあります。