ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群とはどんな病気か

 のどや鼻の粘膜などに黄色ブドウ球菌が感染して増え、その菌からの毒素(表皮剥脱毒素(ひょうひはくだつどくそ))が血流に入って全身の皮膚に達し、全身が赤くはれたようになり、やけどのように皮膚がずるずるとはがれてくる病気です。水疱性膿痂疹(すいほうせいのうかしん)は同じ毒素によりますが、皮膚の一部に生じたものです。
 水疱性膿痂疹と同様に0〜6歳に多く、乳児や新生児では重症になることがあります。

症状の現れ方



 新生児では高い熱とともに、乳幼児では微熱とともに、口のまわり・鼻の入口・眼のまわりが赤くなり、水疱や痂皮(かひ)(かさぶた)ができ、眼やにも出ます。次いで首のまわり・腋(わき)の下・股の部分がとくに赤くはれ、次第に全身の皮膚がやけどのように皮がはがれてただれた(びらん)状態になります(図49)。
 赤くはれたところは触れると非常に痛がり、普通の皮膚に見えるところでも皮膚がはがれてきますが、口のなかや陰部などの粘膜は侵されません。のどは赤くはれ、首のリンパ節がはれます。

検査と診断

 皮膚にできた水疱の中には菌はいませんが、のど・鼻水・眼やにからたくさんの黄色ブドウ球菌が見つかります。血液検査では白血球が増え、CRP(炎症検査の項目)も高くなります。
 診断は、皮膚の状態などから比較的簡単です。
 新生児がこの病気になった場合、リッター新生児剥脱性(しんせいじはくだつせい)皮膚炎と呼ばれることがあります。中毒性表皮壊死症(ちゅうどくせいひょうひえししょう)も全身の皮膚がずるずるにむけてくる病気ですが、これは薬疹(やくしん)の重症型で、主に大人に発生し、口のなかや陰部の粘膜も侵されます。先天性表皮水疱症(ひょうひすいほうしょう)は、膝(ひざ)や肘(ひじ)など刺激を受けやすい部分に水疱やびらんができる病気です。

治療の方法

 黄色ブドウ球菌によく効く抗菌薬を内服するか、または点滴注射をします。投薬後5〜6日で皮膚は赤みが減り、乾燥してきて、皮がぼろぼろとはがれて(手と足では薄い膜のようにはがれる)治ります。
 新生児や乳児では重症になることが多いので、入院したうえで必要に応じて水分を補給する点滴をします。
 皮膚が乾いてガサガサになり皮がむけてくると、皮膚に亀裂が入って痛みが出ることがあるので、適切な保湿用軟膏を塗ります。

ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群に気づいたらどうする

 発熱があり、突然顔・首・腋の下・股などが赤くなって痛がり、また不機嫌となれば、この病気が疑われます。とくに乳児・新生児では重症になりやすいので、ただちに皮膚科専門医を受診します