紅色陰癬<皮膚の病気>の症状の現れ方

 大人の股、腋の下、足の指の間、お乳の下、お尻の割れ目などにできやすく、軽い赤みのある褐色斑(かっしょくはん)で、少しかゆみがあり、糠状(ぬかじょう)・粉状の皮がついています(図53)。足趾の間では皮膚がふやけて白くなります。

紅色陰癬<皮膚の病気>の診断と治療の方法

 一部の抗真菌薬、エリスロマイシン、あるいはテトラサイクリン薬の軟膏またはクリームを塗ります。範囲が広い場合には、エリスロマイシンあるいはテトラサイクリンを内服します。