皮膚抗酸菌感染症とはどんな病気か

 皮膚抗酸菌感染症は、皮膚結核(けっかく)皮膚非結核性抗酸菌症(ひけっかくせいこうさんきんしょう)およびハンセン病に分けられます。
 結核は、戦後、化学療法の進歩によって非常に減少しましたが、1980年代以後は増加傾向となりました。結核緊急事態宣言が出された1999年以後、種々の結核対策が施行され、罹患(りかん)率は徐々に低下しています。皮膚結核は、全結核のなかに占める割合は少なく、皮膚の病気のなかでも非常にまれです。
 非結核性抗酸菌症は、以前は非定型(ひていけい)抗酸菌症と呼ばれていましたが、現在ではそれぞれの菌の名前を付けて、マイコバクテリウム・マリヌム感染症のように呼ばれるようになりました。
 ハンセン病は、1996年4月に「らい予防法」が廃止され、通常の感染症として治療されています。
 以下、それぞれについて項を改めて解説します。