体部白癬(ゼニたむし)とはどんな病気か

 手足、股部を除いた皮膚に生じる白癬菌(はくせんきん)感染症で、頻度は全白癬患者の7%程度です。
 足(あし)白癬のある人に発症することが多いので、その放置が問題になります。また不潔、多汗などの皮膚の問題、あるいは肥満、寝たきり、基礎疾患などの全身状態も関係します。

症状の現れ方

 体部白癬で多いのは、中心部が軽快して褐色調になる環状の大きな紅斑で、辺縁が少し隆起して水疱(すいほう)や丘疹(きゅうしん)がみられます。また、動物からうつりやすいミクロスポルム・カーニス(犬小胞子菌)や格闘技の選手に広がっているトリコフィートン・トンスランス(トンスランス菌)が原因の場合は、接触部位に境界が鮮明な紅斑が多発します。さらにステロイド薬の誤用により、中心治癒傾向のない二重、三重の紅斑や毛包炎(もうほうえん)などを示すことがあります。かゆみは強いことが多いようです。

検査と診断

 直接鏡検(顕微鏡での検査)KOH法で行います。菌要素を比較的検出しやすい病気です。

治療の方法

 基本的に外用治療で、比較的簡単に治ります(白癬)。

体部白癬(ゼニたむし)に気づいたらどうする

 湿疹など他の皮膚病との区別が重要なので、皮膚科専門医を受診してください。