皮膚と粘膜のカンジダ症<皮膚の病気>の症状の現れ方

 複数の病型がありますが、カンジダ症の特徴的な臨床所見は境界が不鮮明な紅斑(こうはん)で、局面状あるいは周囲に小膿疱(しょうのうほう)が多発します。白癬にみられる中心治癒傾向はありません。

皮膚と粘膜のカンジダ症<皮膚の病気>の診断と治療の方法

 治療の基本は、カンジダに抗菌力のある抗真菌薬の外用です。カンジダ性爪囲爪炎(そういそうえん)口腔カンジダ症などの病型や難治性・広範囲の皮膚カンジダ症では内服薬を用います。
 外用薬ではイミダゾール系のものが、抗菌域が広く、カンジダに対しても有効性が高く、第一選択薬といえます。ネチコナゾール(アトラント)、ケトコナゾール(ニゾラール)、ラノコナゾール(アスタット)、ルリコナゾール(ルリコン)などの新しい薬は抗菌力が強化されています。剤形としては、軟膏剤、クリーム剤、液剤、ゲル剤がありますが、皮膚カンジダ症はびらん(ただれ)局面を示すことが多いので、刺激が少ないクリーム剤か軟膏剤が無難です。
 内服薬ではトリアゾール系のイトラコナゾール(イトリゾール)が、抗菌域が幅広く、第一選択薬です。副作用は比較的少ないのですが、血液検査を受けたほうがよく、併用に注意する薬剤があります。
 同じトリアゾール系のフルコナゾール(ジフルカン)はカンジダ症も含めた内臓真菌症に用いられていますが、残念ながら皮膚カンジダ症には保険適応がありません。テルビナフィン(ラミシール)は白癬菌に対する抗菌力が極めて強く、白癬には最適であるものの、カンジダ症に対する有効性はあまり高くありません。