老人性色素斑<皮膚の病気>の症状の現れ方

 顔面、手の甲、前腕などの日光にあたる部分の皮膚に、5〜20mm大の褐色から濃褐色で、円形から不整形の褐色斑が、数個ないしは十数個出現します。数は年齢とともに増加することがあります。

老人性色素斑<皮膚の病気>の診断と治療の方法

 ケミカルピーリング、凍結療法、レーザー、美白剤などの方法があります。これらの治療後は、サンスクリーンなどで遮光(しゃこう)をするほうがよいとされています。