老人性白斑とはどんな病気か

 高齢者の皮膚にみられる点状の白斑です。表皮の色素細胞の減少と、色素細胞の機能低下によるメラニン色素の減少により、皮膚の色素が薄くなり白斑になります。その原因はよくわかっていませんが、一種の加齢による影響であると考えられています。

症状の現れ方

 高齢者の四肢や体幹に、米粒大の白斑が出現します。女性よりも男性に多いといわれています。数個から数十個まで、白斑の数には個人差があります。基本的には、個々の白斑は拡大したり融合したりしません。

検査・治療の方法

 特別な検査は必要ありません。熟練した皮膚科医であれば、通常は診察をするだけで診断できますが、癜風(でんぷう)と判別すべき場合もあります。
 現在のところ有効な治療法はありません。

老人性白斑に気づいたらどうする

 癜風菌による低色素斑と見分けるためには、顕微鏡検査が必要な場合があります。また、よく似た病気の尋常性白斑(じんじょうせいはくはん)に対しては効果的な治療法があるので、一度、皮膚科医の診察を受けて診断を受けるのがよいでしょう。