柑皮症<皮膚の病気>の症状の現れ方

 手指や手のひら、足の裏、鼻翼などの色調が黄色調となります。カロテンは皮膚の角質層や表皮、皮下脂紡織に沈着しやすく、厚い角質層のある手のひら、足の裏がとくに黄色くなります。症状が強いと全身の色調が黄色くなります。

柑皮症<皮膚の病気>の診断と治療の方法

 特別な検査は必要ありません。
 特別な治療を行わなくても、カロテンの摂取量を減らすと皮膚の色調は正常にもどります。