若年性黒色腫<皮膚の病気>の診断と治療の方法

 外科的切除が一般的です。先にも述べたように病理組織検査が必要になるケースが多いので、レーザー治療ではほとんどの組織が蒸散(じょうさん)(組織が焼き消えてしまうこと)してしまい、病理組織検査ができないのですすめません。