貧血性母斑とはどんな病気か

 生まれつきの蒼白(そうはく)な斑です。入浴や、皮膚をたたいたり刺激を加えても、まわりは充血するのにそこだけ白いまま残るのが特徴的です。限局的な血管神経の機能異常が原因といわれています。とくに胸、上背、上腕部に多く、顔面や手足には少ないようです。後述の母斑症(ぼはんしょう)のレックリングハウゼン病の一症状として出ることがあります。

治療の方法

 有効な治療法はありません。見た目の問題が主になりますので、化粧で隠す(カバーマーク・資生堂など)程度になります。悪性化などの心配はないので、経過をみるだけでよいでしょう。