稗粒腫とはどんな病気か

 皮膚の表面付近にできる直径1〜2mm以内の角質(かくしつ)が入った袋です。顔面にしばしば発生し、白色の小さな粒のように見えます。

原因は何か

 毛穴の奥にある毛包(もうほう)という袋や、皮脂をつくる腺の未発達なものに角質がたまって生じます。また、皮膚がはがれるような疾患や傷の治ったあとにできるものは、汗を出す管の再生過程で管の先端がふさがって生じたものです。

症状の現れ方

 特別な原因がなく発生する原発性(げんぱつせい)稗粒腫と、皮膚がはがれるような疾患や皮膚を削(けず)り取る手術後などに生じる続発性(ぞくはつせい)稗粒腫があります。


 原発性稗粒腫は小児や若い女性の顔面にみられます。いずれのタイプも、見た目は同じであり、直径1〜2mm以内の半球状に隆起した、白色のしこりです(図76)。

検査と診断

 見た目だけで診断できるので、検査は必要ありません。

治療の方法

 注射針の先などで皮膚を小さく切り開いて、内容である白色の球状物を押し出すか、あるいは針先を使って取り除きます。

稗粒腫に気づいたらどうする

 放っておいて問題ありません。気になって取り除きたい場合には、皮膚科を受診してください。