汗管腫<皮膚の病気>の症状の現れ方

 女性に多く、思春期以降に現れます。眼のまわり、とくに眼の下に多発して発生しますが、額や頬にもみられます。直径1〜5mmくらいの、ほぼ皮膚と同じ色か、やや褐色の平らに盛り上がった皮膚と同程度の軟らかさをもつしこりです。年齢とともに次第に数が増え、大きくなりますが、3〜5mm前後の大きさにとどまります(図78)。

汗管腫<皮膚の病気>の診断と治療の方法

 悪性化はしないので治療の必要はありません。また、美容上の悩みになることがありますが、満足できる状態にする確実な治療法はありません。最近、炭酸ガスレーザー治療を行う施設がありますが、これは病変部を熱で壊す治療法なので、どの程度の瘢痕(はんこん)が残るのか、いくつかで試してみてから、治療を受けるかどうか決めることをすすめます。健康保険が適用でない場合があります。