血管拡張性肉芽腫<皮膚の病気>の症状の現れ方

 性差はなく男女ともに発症しますが、小児や若年者に多くみられます。好発部位は手、なかでも手指と、顔面、とくに口唇です。
 鮮紅色の小さなしこりとして現れ、数週で急速に増大したあと増殖は止まります。皮膚からくびれをもって隆起することが多いのですが、なだらかに隆起する場合もあります。軟らかいしこりで表面から出血しやすく、かさぶたがついたり、湿っていることも少なくありません。大きさは通常1〜2cm以内です(図86)。

血管拡張性肉芽腫<皮膚の病気>の診断と治療の方法

 手術が最も確実な治療法です。しかし、臨床診断が確実な場合には、液体窒素(ちっそ)による凍結療法を試みるのもよい方法です。この場合、数回の治療が必要になることが多いのですが、麻酔の必要はありません。
 そのほか、電気メスを用いて焼き落とす方法もあります。この場合には手術と同様に麻酔が必要です。