悪性黒色腫<皮膚の病気>の症状の現れ方

 皮膚原発の悪性黒色腫は次の4型に分類されますが、いずれにも分類できない症例もしばしばあります。

(1)悪性黒子型
 高齢者の露光部、とくに顔面に好発します。黒褐色の斑状皮疹(はんじょうひしん)(悪性黒子(あくせいこくし))として初発し、徐々に拡大したあとに盛り上がりを生じてきます。

(2)表在拡大型
 白人では最も多くみられる病型で、比較的若年者にも生じ、また、背部や下肢などに好発します。なお、日本においても最近本病型の増加がいわれています。その原因としては、生活様式の変化(戸外スポーツの隆盛や衣服のスタイル変化など)や、オゾン層破壊に伴う紫外線照射量の増加などが指摘されています。

(3)末端黒子(まったんこくし)型
 ほくろのがんといえば足の裏や指(趾)先が連想されるほど日本では最多病型です。また、爪部に生じた時は黒色色素線条となり、進行すると爪が破壊されます。

(4)結節型
 日本では末端黒子型に次いで多い病型であり、しみ出しなどはなくドーム状に盛り上がっています。なお、ほかの3つの病型ではまず表皮に沿って水平方向に、その後垂直方向に増殖していくのに対し、本病型では水平方向の拡大がみられないため、見た目には小さくても意外と進行していることがあります。

悪性黒色腫<皮膚の病気>の診断と治療の方法

 治療の主体は手術療法です。なお、予後はその肉眼的な大きさとは無縁で、むしろ病理組織検査によるできもの(腫瘍)の厚さに関係します。そのため、その後の治療計画などを立てたうえで全切除生検を行い、病期を決定するとともにその患者さんに合った治療法を選択します。