爪甲白斑<皮膚の病気>の症状の現れ方


(1)点状爪甲白斑
 最も普通にみられる爪甲の白斑で、爪母の近くに小さな点状白斑が現れ、その後爪の先端に移動し遊離縁に向かう途中で消えていきます。また、子どもおよび若年者に多くみられ、俗に、“幸運の星”などと呼ばれています。

(2)線状爪甲白斑
 幅1〜2mmの白い帯状の変化が1〜数本爪甲に現れ、その白い帯状があたかも波打つように重なり合ってみられます。先天性(優性遺伝性)のものもありますが、多くは後天性です。

(3)汎発型爪甲白斑
 爪甲全体が不透明な白ないし乳白色になる状態です。多くは優性遺伝性であり、生まれた時または乳児期から始まります。

爪甲白斑<皮膚の病気>の診断と治療の方法


(1)点状爪甲白斑
 とくに治療の必要はありません。

(2)線状爪甲白斑
 原因となりうる、たとえば中毒(砒素(ひそ)、鉛(なまり)など)、感染症(麻疹(ましん)、肺炎など)、皮膚疾患(乾癬(かんせん)、円形脱毛症など)、そのほかの疾患(心筋梗塞(しんきんこうそく)、腎不全など)、あるいは月経、手術、マニキュア使用などを確認し、それを除去ないし治療します。

(3)汎発型爪甲白斑
 とくに治療の必要はありません。しかし、爪の水虫や爪半月の拡大など、あるいは肝硬変(かんこうへん)、慢性腎不全糖尿病などの全身疾患でも爪は白くなり、汎発型爪甲白斑とよく似た外観を呈すので、注意して鑑別しなければいけません。