無汗症とはどんな病気か

 全身の皮膚にはエクリン汗腺が分布して汗を分泌しています。汗には体温を下げる作用があります。広範囲の皮膚で汗が出ない無汗症では体温調節ができなくなります。高温が長時間続くと熱中症の危険が増します。

原因は何か

 原因には先天性(先天性無汗症)と後天性(後天性無汗症)のものとがあります。汗の出ない部位が全身の場合(全身性無汗症)と体の一部に限られている場合(限局性無汗症)とがあります。
 交感神経の刺激によりエクリン汗腺から汗が分泌されるので、中枢神経、脊髄(せきずい)神経、末梢神経、エクリン汗腺自体のどこかに異常があると、汗が出なくなります。

症状の現れ方

 狭い範囲の限局性無汗症ではとくに症状はなく、偶然に気づくことがあります。広範囲の無汗症では、体温調節ができなくなります。全身性無汗症では、運動時や高温環境下で汗が出ずに体温が上昇して倦怠感(けんたいかん)が現れます。また、熱中症(ねっちゅうしょう)に対する注意が必要です。
 後天性全身性無汗症では、発汗刺激時に皮膚に痛みを伴うことがあります。先天性全身性無汗症では、毛や歯の異常を伴うことがあります。

検査と診断

 中枢神経系、脊髄神経系、末梢神経系の疾患があると汗が出なくなるので、これらの異常の有無を調べる神経学的検査や画像検査を行います。
 汗腺に異常があるかどうかを調べるためには、アセチルコリンを皮内に注射しエクリン汗腺を刺激して発汗の有無を見ます。コリン刺激薬をイオンフォレーシスで導入して発汗の有無を調べる検査方法もあります。

治療の方法

 先天性の無汗症にはよい治療法がありません。熱中症にならないように、環境に注意しながら生活します。神経疾患やその他の疾患に伴う無汗症では、原因になっている疾患の治療を行います。

無汗症に気づいたらどうする

 無汗症には多くの原因があります。皮膚科専門医の診察を受け、正しく診断して適切に対処することが大切です。