ヘルパンギーナとはどんな感染症か

 毎年7月ごろをピークとして4歳以下の小児、とくに1歳代に流行することが多い夏かぜの代表疾患です。高熱と口腔内の発疹(のどの奥に紅暈(こううん)で囲まれた小水疱(しょうすいほう)が現れる)が特徴的です。
 原因ウイルスは多種類ありますが、多くはコクサッキーAウイルス(CA)、とくに4、6、10型が多いといわれています。そのほか、CA2、3、5、8、16型、コクサッキーBウイルス、エコーウイルスなども、ヘルパンギーナを起こすことがあります。

症状の現れ方

 2〜4日の潜伏期ののち、突然の高熱で発症します。口蓋垂(こうがいすい)(のどちんこ)の上周辺に紅暈を伴った多数の小水疱が認められます。水疱が破れて潰瘍を作ることもあり、幼小児では痛みのために水分摂取が不足し、高熱とも相まって脱水症状を起こすことがよくあります。
 発熱に伴って熱性けいれんを合併することもありますが、一般的に数日の経過で回復し、予後は良好です。まれに無菌性髄膜炎(むきんせいずいまくえん)や心筋炎を合併することがあります。

検査と診断

 高熱と特徴的な口腔内の症状から、ほとんどが臨床的に診断されます。原因ウイルスを特定するには、患者さんの咽頭ぬぐい液、便などからウイルスを直接分離することが最も有効です。最近ではRT‐PCR法を用いてウイルス遺伝子(RNA)の検出を行うこともあります。抗体価を測定することもありますが、交差反応(別のものにも反応する)を認めることが多いので一般的ではありません。
 区別すべき病気として、手足口病(てあしくちびょう)、単純ヘルペスウイルスによる口内炎アフタ性口内炎などがありますが、その他の症状なども考慮すれば、臨床症状から診断されることがほとんどです。

治療の方法

 通常、対症療法だけで回復します。飲食ができなくなったり脱水症を併発した場合は、輸液(点滴)を必要とする場合があります。合併症を併発した場合は、入院が必要となる場合があります。

ヘルパンギーナに気づいたらどうする

 高熱が出て経口摂取が十分できなくなる場合も多いため、早めにかかりつけの小児科を受診してください。流行時には、うがい、手洗いの励行、患者さんとの接触を避けることなどが予防につながります。ワクチンはありません。
 患者さんは便中に1カ月近くウイルスを排泄していることが多いため、排便あるいはおむつ交換後の手洗いを徹底します。学校、幼稚園、保育所などでは登校・登園停止の疾患にはなっていませんが、その症状から、急性期は自宅での安静が必要です。