ヘルパンギーナ<感染症>の症状の現れ方

 2〜4日の潜伏期ののち、突然の高熱で発症します。口蓋垂(こうがいすい)(のどちんこ)の上周辺に紅暈を伴った多数の小水疱が認められます。水疱が破れて潰瘍を作ることもあり、幼小児では痛みのために水分摂取が不足し、高熱とも相まって脱水症状を起こすことがよくあります。
 発熱に伴って熱性けいれんを合併することもありますが、一般的に数日の経過で回復し、予後は良好です。まれに無菌性髄膜炎(むきんせいずいまくえん)や心筋炎を合併することがあります。

ヘルパンギーナ<感染症>の診断と治療の方法

 通常、対症療法だけで回復します。飲食ができなくなったり脱水症を併発した場合は、輸液(点滴)を必要とする場合があります。合併症を併発した場合は、入院が必要となる場合があります。