細菌性(感染性)結膜炎<感染症>の症状の現れ方

 病原菌により、症状に多少の差があります。
 インフルエンザ菌や肺炎球菌の場合は、結膜の充血と粘液膿性の眼脂(がんし)(めやに)が現れます。肺炎球菌の場合は、時に小点状の出血斑や軽度の結膜浮腫(むくみ)も現れます。
 黄色ブドウ球菌の場合は、成人では眼瞼結膜炎(がんけんけつまくえん)の形で慢性的にみられることが多く、角膜にも病変が存在することもあります。

細菌性(感染性)結膜炎<感染症>の診断と治療の方法

 それぞれの病原菌に対する感受性の高い抗生物質や、抗菌薬の点眼が処方されます。