百日咳とはどんな感染症か

 百日咳菌の飛沫(ひまつ)感染(くしゃみなど)で起こります。日本では1981年以降、世界に先駆けて副反応の少ない精製ワクチンが使われ、小児の患者さんの数は着実に減ってきています。一方、10歳以上の思春期、成人、高齢者の患者さんが増えてきています。

症状の現れ方

 鼻水や咳(せき)など、かぜの症状から始まります。かぜ薬をのんでいても、1〜2週間で咳がひどくなります。顔を真っ赤にして途切れなく続く咳込みと、そのあと急に息を吸い込むために笛を吹くような音が出てきます。熱はないことが多く、咳き込んで吐くこともあります。
 ワクチンを接種していない1歳未満の乳児では、咳で呼吸ができず、唇が青くなったり(チアノーゼ)、けいれんが起こることがあります。肺炎や脳症などの重い合併症で死亡することもあります。

検査と診断

 診断方法には、血液検査と菌の培養があります。特徴的な咳があり、白血球数が15000μl以上、リンパ球70%以上であれば診断できます。鼻の奥からの百日咳菌の分離が決め手となります。パラ百日咳菌感染症やアデノウイルス感染症との区別が必要です。

治療の方法

 多くの抗菌薬が有効です。特有の咳が出てきてから治療を始めても症状はよくなりませんが、他人への菌の拡散は防止できます。
 予防接種が有効です。ジフテリア破傷風(はしょうふう)・百日咳の三種混合ワクチン(DTP三種混合ワクチン)として、生後3カ月から接種できます。3〜8週間隔で3回、1年〜1年半後に追加接種します。

百日咳に気づいたらどうする

 百日咳は、乳幼児だけの病気ではありません。小中学生や大人の百日咳が増えてきました。特徴的な咳がないため、百日咳と診断されず、乳幼児への感染源になっていることが問題です。
 大人で4週間以上咳が続いている場合は、家族内に咳をしている人がいないかどうかに注意してください。百日咳のことがあります。受診する専門科は、子どもなら小児科、大人なら呼吸器科や内科がいいでしょう。