百日咳<感染症>の症状の現れ方

 鼻水や咳(せき)など、かぜの症状から始まります。かぜ薬をのんでいても、1〜2週間で咳がひどくなります。顔を真っ赤にして途切れなく続く咳込みと、そのあと急に息を吸い込むために笛を吹くような音が出てきます。熱はないことが多く、咳き込んで吐くこともあります。
 ワクチンを接種していない1歳未満の乳児では、咳で呼吸ができず、唇が青くなったり(チアノーゼ)、けいれんが起こることがあります。肺炎や脳症などの重い合併症で死亡することもあります。

百日咳<感染症>の診断と治療の方法

 多くの抗菌薬が有効です。特有の咳が出てきてから治療を始めても症状はよくなりませんが、他人への菌の拡散は防止できます。
 予防接種が有効です。ジフテリア破傷風(はしょうふう)・百日咳の三種混合ワクチン(DTP三種混合ワクチン)として、生後3カ月から接種できます。3〜8週間隔で3回、1年〜1年半後に追加接種します。