急性ウイルス肝炎のうち、B型・C型・D型肝炎は血液を介して感染する病気です。日本ではD型肝炎はほとんどみられません。
 感染のしかたには、初感染後の一過性感染と、ウイルスをもち続ける持続感染とがあります。
 一過性感染の場合は、急性肝炎を発症します。持続感染の場合は、ウイルスキャリアといいます。症状がなく肝障害もない場合を無症候性キャリアといい、肝障害が出ると慢性肝炎、肝硬変(かんこうへん)、肝がんになります。
 本項では、初感染後の急性肝炎について述べます。急性ウイルス性肝炎は、感染症法では4類感染症に分類され、発症7日以内に所轄保健所長に性、年齢を届け出ることになっています。

B型急性肝炎(ビーがたきゅうせいかんえん)

急性ウイルス肝炎(A型、E型を除く)とはどんな感染症か

 B型肝炎ウイルス(HBV)の初感染による感染症です。HBVの構造は、表面をHBs抗原がおおい、内部にHBc抗原があり、そのなかにDNA遺伝子が入っています。
 感染源はHBVを含む血液や体液です。感染経路としては、輸血、母児間感染、血液がついた注射針による誤刺入、性行為などがあります。輸血による感染は、献血血液のHBVのスクリーニング(ふるい分け)検査により、母児間感染はHBs抗体含有ガンマグロブリンとHBワクチンにより感染を防ぐことができます。近年、性感染症としてのB型急性肝炎が多くなっています。

症状の現れ方

 潜伏期間は短くて4週、長くて6カ月、平均1〜2カ月です。
 初期には黄疸(おうだん)、全身倦怠感(けんたいかん)、食欲低下、吐き気、嘔吐などの症状が出ます。そのほかに、顔面や手の皮膚に発疹が出たり、関節痛、筋肉痛、神経痛を合併することがあります。通常は1〜2カ月で症状がなくなり、ウイルスも消失します。
 注意を要するのは、急激に病状が悪化して劇症肝炎(げきしょうかんえん)になることで、これは死亡率が高く予後不良の病気です。多くは突然変異したHBVの感染で発症し、強い黄疸、出血症状、意識障害が特徴です。

検査と診断

 B型急性肝炎は、HBs抗原とIgM型HBc抗体陽性で診断されます。
 通常は、肝臓から出る酵素のAST(GOT)、ALT(GPT)の血中レベルが1000単位以上(基準値は35単位以下)に上昇し、総ビリルビン(基準値は1mgdl以下)の上昇がありますが、経過とともに正常化します。
 劇症肝炎ではAST、ALTは数千以上に上昇し、短期間に降下します。総ビリルビンは上昇の一途をたどり、プロトロンビン時間、トロンボテストなどの血液凝固時間が延長します。

治療の方法

 通常の急性肝炎では特別な治療はしないで、安静と補液で十分です。HBs抗原とHBV DNAが長く残る場合は、核酸類似薬の投与をします。
 劇症肝炎の場合は血漿(けっしょう)交換療法が行われますが、効果のない場合は肝移植が行われます。

急性ウイルス肝炎(A型、E型を除く)に気づいたらどうする

 重症化する危険があるので、入院治療が原則です。発症初期の血液は感染性があるため、血液の取り扱いには注意が必要です。

関連項目

 劇症肝炎B型慢性肝炎肝硬変肝細胞がん

C型肝炎(シーがたかんえん)

急性ウイルス肝炎(A型、E型を除く)とはどんな感染症か

 C型肝炎ウイルス(HCV)の感染により発症します。HCVの構造は、表面に膜蛋白が、内部にコア蛋白があり、そのなかにRNA遺伝子が入っています。
 感染源は血液、血液製剤、血液が混じった体液で、感染経路は輸血、覚醒剤(かくせいざい)静脈注射の回し打ち、入れ墨、医療従事者の針刺し事故などです。
 ほかの急性ウイルス肝炎と違い、症状は比較的軽いのですが、高い率で慢性化し、後年、慢性肝炎、肝硬変(かんこうへん)、肝がんになります。
 輸血によるC型急性肝炎はスクリーニング(ふるい分け)検査ができるようになり、激減しています。ワクチン、ガンマグロブリンによる予防法はまだありません。

症状の現れ方

 潜伏期は2週〜6カ月、平均40日くらいです。黄疸(おうだん)が現れるのは20〜30%で、全身倦怠感(けんたいかん)、食欲不振、吐き気などの症状が50%ほどに現れます。
 無症状の場合が50%ほどあり、C型肝炎になっているのに気づかないことがあります。劇症肝炎(げきしょうかんえん)はまれです。

検査と診断

 HCV抗体は、発症後1カ月ころから検出されます。HCV RNAは、AST(GOT)、ALT(GPT)の上昇に先行して検出されます。
 AST、ALTは上昇しますが、A型やB型肝炎ほど高くなく、最高値が1000単位以下のこともしばしばです。

治療の方法

 自然治癒は約20%で、多くは慢性化します。慢性化の兆しがみられたら、早めに抗ウイルス療法を行います。抗ウイルス薬としてはインターフェロン、リバビリンが使用されます。90%以上の割合で治ります。

急性ウイルス肝炎(A型、E型を除く)に気づいたらどうする

 重症化する危険はありませんが、自覚症状が強く、黄疸が出現した場合は、入院治療が原則です。慢性化を見極めて治療をします。発症初期の血液は感染性があるので、血液の取り扱いには注意が必要です。

関連項目

 劇症肝炎C型慢性肝炎肝硬変肝細胞がん

D型肝炎(ディーがたかんえん)

急性ウイルス肝炎(A型、E型を除く)とはどんな感染症か

 D型肝炎ウイルス(HDV)の感染によって発症します。HDVの構造は、表面がHBs抗原でおおわれ、中心部にデルタ抗原があり、そのなかにRNA遺伝子をもっています。このことからもわかるように、B型肝炎ウイルス(HBV)と仲のよいウイルスです。
 感染源は、B型肝炎患者あるいはキャリア(持続感染者)の血液で、このなかにHDVがひそんでいます。
 HDVの感染のしかたには2種類あります。健康な人に、初めてHBVと同時に感染する場合と、もともとB型肝炎になっている人に重複感染する場合です。D型肝炎は重症化することがあるので注意が必要です。
 日本ではD型肝炎はまれですが、外国では覚醒剤(かくせいざい)を静脈に打つ常用者に多いといわれています。今後国際化が進むと、日本にも感染拡大がみられることが心配されています。

治療の方法

 感染予防は、B型肝炎の予防と同じです。HBs抗体含有ガンマグロブリンやHBワクチンが有用です。

急性ウイルス肝炎(A型、E型を除く)に気づいたらどうする

 D型肝炎は、B型肝炎にしては状況が違うという時に初めて気がつくことが多く、疑って検査をしないと診断ができません。専門医への受診をすすめます。