尖圭コンジローマ(女性)とはどんな感染症か

 ヒト乳頭腫(にゅうとうしゅ)ウイルス(ヒトパピローマウイルス、HPV)の6型または11型の感染によって発生する性器の「いぼ」です。手足にできるいぼと違って、先が尖(とが)っているのが特徴です(尖も圭も尖っているという意味)。
 主に性行為で感染します。性器ヘルペスと並んで、代表的なウイルス性の性感染症です。感染してから発症するまでの潜伏期は、平均3カ月と長いのが特徴です。このウイルスに感染していても無症状のことが多いこともわかっています。
 ヒト乳頭腫ウイルスにはたくさんの種類がありますが、16型、18型などは子宮頸(けい)がんの原因に深く関わっていることがわかり、注目されています。

症状の現れ方

 外陰部(性器の外側の部分)の粘膜や皮膚面に、先の尖った小さいいぼが多発します。なかには平坦な形をしたものもあります。女性では、腟入口部、大小陰唇、会陰(えいん)、肛門などにできることが多いのですが子宮の入口や腟壁にもできることがあります。痛みはほとんどなく、かゆみや異物感程度です。

検査と診断

 独特な形をしたいぼなので、外陰部の所見でほとんど診断できます。子宮の入口にできた時は細胞をこすり取ったり、組織を採取して病理組織学的に診断することもあります。最近では、ヒト乳頭腫(にゅうとうしゅ)ウイルスの検出もできるようになりました。

治療の方法

 従来から凍結療法(液体窒素(ちっそ)など)、電気焼灼(しょうしゃく)、レーザー蒸散、メスによる切除などの外科的治療法が行われてきましたが、最近、局所に塗って治療する新しいクリーム(5%イミキモドクリーム)が保険で使えるようになりました。週3回、就寝時に塗り、翌朝洗い落とすというものです。
 治るまでに時間がかかりますが、自宅で治療できる利点があります。

尖圭コンジローマ(女性)に気づいたらどうする

 ウイルス性の病気で性行為で感染するため、気づいたら治療するようにしましょう。
 尖圭コンジローマががん化することはほとんどないと思われますが、尖圭コンジローマに似た外陰の悪性病変もあるので医師に診てもらいましょう。最近、尖圭コンジローマを予防するワクチンが開発されました。