発疹熱<感染症>の症状の現れ方

 潜伏期は1〜2週間です。発熱、発疹の状況は前項の発疹チフスに類似していますが、多くの場合、症状はより軽症です。致命率は1%以下ですが、患者さんの年齢とともに高くなります。

発疹熱<感染症>の診断と治療の方法

 発疹チフスと同じです。抗菌薬としてテトラサイクリン系薬が有効です。