アニサキス症とはどんな感染症か

 アニサキス症も、前述したイヌ糸状虫症(しじょうちゅうしょう)イヌ回虫症(かいちゅうしょう)顎口虫症(がくこうちゅうしょう)と同様に、幼虫移行症のひとつです。
 アニサキスは回虫の仲間で、成虫はクジラやイルカの胃に寄生しています。幼虫はイカ類やサバ、アジ、イワシなどの内臓表面や筋肉内に寄生していて、市販のサバなどでも内臓(肝臓)の表面に幼虫がとぐろを巻いているのが見えることがあります。
 ヒトはこれらを生食して感染し、長さ2〜3cmの幼虫がヒトの胃壁や腸壁にもぐり込んで症状を引き起こします。胃アニサキス症と腸アニサキス症があります。
 アニサキス症は比較的寒い時期に多く、冬の食中毒のひとつと考えてよいものです。医師はアニサキスによる食中毒を診断した場合、24時間以内に最寄りの保健所に届け出ることになっています。

症状の現れ方

 新鮮な海産魚類を食べて3〜4時間後に、突然、激しい腹痛、吐き気・嘔吐が襲います。半日以上から、長い時は1週間くらいたって腹痛に見舞われることもあり、この時は胃ではなく腸に虫が侵入していると考えられます。
 一部の人には、じんま疹のような発疹やかゆみが現れることがあり、アニサキスに対するアレルギー反応だと考えられています。実際、いわゆるサバアレルギーの人を調べたところ、原因はサバではなくアニサキスだったという報告があります。

検査と診断

 胃アニサキス症であれば内視鏡で虫を確認してつまみ出すことができますが、腸アニサキス症では虫を見つけるのは困難で、X線や超音波検査で小腸を調べます。
 まれに、虫が腹腔や胸腔、さらにほかの臓器に入り込んでイヌ回虫症と同じような症状を起こすことがあります。この場合、抗体検査が役に立ちます。

治療の方法

 胃アニサキス症の場合、内視鏡で虫をつまみ出した瞬間、嘘のように痛みが消えます。もっとも、アニサキスは人体中では1週間程度で死んでしまうので、虫を摘出できなくても対症療法だけで治ります。
 ただし、虫が腸管から外に出て症状を起こしているなら、駆虫薬(くちゅうやく)(メベンダゾール)を内服します。

アニサキス症に気づいたらどうする

 発症はたいてい夜中です。新鮮な海産魚類を食べて3〜4時間後に急におなかが痛くなったら、消化器内科専門の医院か消化器内科の当直医師のいるような総合病院を受診してください。
 重症になると、緊急を要するほかの病気とすぐには区別できないため、内視鏡専門医と消化器外科医のいる総合病院の受診が望まれます。