クリプトスポリジウム症とはどんな感染症か

 ウシ・ブタなどの家畜、イヌ・ネコ・ネズミなどの動物の腸管に通常存在しているクリプトスポリジウム原虫による消化管感染症です。世界中に広く分布しています。
 免疫機能が正常な成人が感染した場合は、ほとんどが無症状で経過すると考えられていますが、免疫力の低下した人や小児・老人などが感染した場合、病気を起こすことがあります。
 米国では過去に40万人が罹患した大規模な水道事故が起こりました。国内でも約100人が感染した集団感染事例が2回も起こったので、水道の安全への警戒は大切です。集団感染をのぞくと国内での届け出件数は年間10例程度です。海外からの帰国者やエイズが発症したのちにみられることがあります。
 病気は原虫が小腸の腸管上皮細胞の微絨毛(びじゅうもう)に侵入し、分裂・増殖することで起こります。

症状の現れ方

 動物あるいは患者さんの糞便中のクリプトスポリジウム原虫のオーシスト(卵嚢子(らんのうし))に汚染された飲食物を口からとることにより感染します。
 オーシストを大量に飲み込んだ場合や免疫機能が低下した人が感染した場合には、水様性下痢、腹痛、食欲低下、悪心(おしん)などの症状が数日から2〜3週間続きます。エイズなどの免疫不全状態では激しい下痢を繰り返し、免疫不全の進行とともに重症化し、致命的になることがあります。

検査と診断

 糞便中のオーシストを直接、あるいは集卵法と呼ばれる方法で濃縮したものを、顕微鏡を用いて検出します。簡易キットを用いて糞便中の原虫抗原を検出することもできます。また、血液中の抗体を間接蛍光(けいこう)抗体法で検出し、診断することも可能です。

治療の方法

 有効性が高く、確実に治療できる薬剤は見つかっていません。下痢の程度が軽い場合は水分・電解質バランスの調節を中心に対症治療を行います。
 重い下痢症、ならびにエイズに合併した下痢症の場合、アジスロマイシン、クラリスロマイシン、パロモマイシンによる治療を併せて行います。特異的治療薬はないので予防が大切です。

クリプトスポリジウム症に気づいたらどうする

 下痢が続くようなら感染症の専門病院を受診しましょう。感染を未然に防ぐため、動物と接触したあとや土いじりをしたあとは、石鹸を使ってしっかり手を洗うことが大切です。