A型肝炎<感染症>の症状の現れ方

 初期症状は、発熱、倦怠感(けんたいかん)、食欲低下、下痢、嘔吐などで、かぜの症状と間違われることも少なくありません。その後、肝機能の低下に伴って、黄疸(おうだん)が出現します。自覚的には、褐色尿、皮膚や眼球の黄色に変化することに気づきます。
 血液検査を行うと、肝酵素が著しく上昇しており、肝炎であることが判明します。通常、1〜2週のうちに快方に向かい、1〜2カ月の経過で治癒します。しかし、まれに重症化、劇症化すること、急性腎不全などの肝外症状を生じることがあり注意が必要です。

A型肝炎<感染症>の診断と治療の方法

 A型肝炎特有の治療法はなく、急性期には入院、安静臥床を原則とし、自然治癒を待ちます。劇症化や肝外症状が出現した場合は、それに応じた治療が行われます。食欲がなく経口摂取不能な場合は、ブドウ糖、ビタミンなどの輸液が行われます。
 また、東南アジアなどの流行地へ渡航する場合は、ワクチン接種により感染を予防することが可能です。