カドミウム中毒<食中毒>の症状の現れ方

 経口摂取によって急性中毒が起こると、吐き気・嘔吐、腹痛、下痢が現れますが、すみやかに回復します。
 一方、慢性中毒の場合は腎臓が侵されます。近位尿細管(きんいにょうさいかん)上皮細胞が障害を受け、蛋白尿、アミノ酸尿、糖尿がみられます。また、カルシウムが失われるので、骨軟化症(こつなんかしょう)も起きます。

カドミウム中毒<食中毒>の診断と治療の方法

 経口摂取による急性中毒では、胃洗浄やEDTA(1日に1g)などのキレート薬の投与が行われます。慢性中毒に対しては、キレート療法は行えません。まず、カドミウムを含む食品や水の摂取をやめることです。