どんな中毒か

 PCB(ポリ塩(素)化ビフェニル)は、多くの異性体をもつ物質の総称です。かつて熱媒体、トランスの絶縁体、複写紙などに用いられていましたが、現在では原則的に使用が禁止されていますし、国際的なPOPs条約では2028年までに全廃する目標です。過去の使用によって環境が汚染されたため、現在も魚などを通じてわずかに摂取されていますが、健康には影響ないレベルと考えられています。
 1968年に、カネミ倉庫株式会社製造の米ぬか油(ライスオイル)中にPCBが混入したことによる大規模な中毒事件(カネミ油症事件)が発生しました。実際には、含まれていたPCDF(ポリ塩(素)化ジベンゾフラン)が中毒の原因とされています。

症状の現れ方

 顔面や臀部(でんぶ)などのざ瘡様(ざそうよう)皮疹(塩素ざ瘡)、顔面、歯肉、爪などの色素沈着、眼脂(めやに)などが特徴的な症状です。
 油症の患者さんからは、メラニン色素の強度な沈着を意味する「黒い赤ちゃん」が生まれていて、母胎から胎児への影響も認められています。また、とくに若い女性の患者さんには、子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)などのさまざまな生殖障害が発症しています。

検査と診断

 油症の患者さんでは、血清中トリグリセリド(中性脂肪)の著しい増加がみられ、脂質代謝異常が起こります。
 油症の診断ではざ瘡様皮疹や色素沈着がみられるかが診察され、血中PCB濃度やPCBの二量体であるPCQ濃度やPCDF濃度などが測定されます。

治療の方法

 絶食療法でPCBやPCDFの排出を促進します。また、米ぬか繊維とコレスチラミン(コレステロール低下薬)を服用すると、PCBやPCDFの糞便への排泄が促進されたという報告もあります。一方、対症療法としては、脂質代謝改善薬や神経症状改善薬などが試みられます。いずれにしても根治は困難です。皮膚症状に対して手術を行うこともあります。

食品の規格基準

 PCBの暫定的規制値は、遠洋沖合魚介類(可食部)0・5ppm、内海内湾魚介類(可食部)3ppm、牛乳(全乳中)0・1ppm、乳製品(全量中)1ppm、育児用粉乳(全量中)0・2ppm、肉類(全量中)0・5ppm、卵類(全量中)0・2ppm、容器包装5ppmです。