光化学スモッグ障害<中毒と環境因子による病気>の症状の現れ方

 眼やのど、皮膚などを刺激し、眼の異物感、痛み、流涙(りゅうるい)、のどの痛み、咳(せき)、皮膚の発赤などが現れます。重症例では、手足のしびれ感や頭痛、めまい、発熱、嘔吐、呼吸困難などがみられることもあります。また、植物などにも被害を及ぼします。

光化学スモッグ障害<中毒と環境因子による病気>の診断と治療の方法

 対症療法が中心です。洗眼やうがい、皮膚の洗浄などが必要です。重症の場合は、酸素吸入を行うこともあります。