どんな病気か・原因は何か

 紫外線は、可視(かし)光線(390〜700nm)より波長の短い電磁波(10〜390nm)で、その生物学的効果から、長波長域(320〜390nm)、中波長域(285〜320nm)、短波長域(190〜285nm)、真空紫外域(190nmより短波長側)に分類されます。長波長域、中波長域、短波長域は、それぞれ慣用的にUV‐A、UV‐B、UV‐Cと呼ばれています。また、近紫外線(きんしがいせん)(285〜390nm)と遠紫外線(えんしがいせん)(285nm以下)に分類されることもあります。
 日常生活で曝露(ばくろ)される紫外線の大部分は太陽光線に由来しますが、285nm以下の波長域の紫外線は、成層圏のオゾン層で吸収され地上に到達しません。一方、人工光源から発生する紫外線の大部分は、自然界に存在する紫外線よりも波長が短く、UV‐C領域に波長のピークがあります。紫外線は、生体への影響として、主に眼障害と皮膚障害を引き起こします。

症状の現れ方


(1)眼障害

 320nm以下の紫外線の曝露により、角膜炎(かくまくえん)・結膜炎(けつまくえん)がみられます。とくに、雪・氷上作業者にみられる角膜炎・結膜炎を雪眼(せつがん)(炎)、溶接工でみられる角膜炎・結膜炎を電気性眼炎(でんきせいがんえん)と呼びます。
 異物感、流涙(りゅうるい)、眼瞼(がんけん)けいれん、羞明(しゅうめい)、眼痛などを来し、眼科的には、結膜充血、びまん性表層性角膜炎(ひょうそうせいかくまくえん)、角膜浮腫(かくまくふしゅ)、虹彩炎(こうさいえん)を認めます。より波長の長い紫外線では、水晶体の混濁を来し、白内障(はくないしょう)を起こすことがあります。
(2)皮膚障害
・UV‐A(320〜390nm)
 曝露直後よりメラニン色素の産生を促します。その結果、炎症を伴わない色素沈着(即時型黒化)をもたらします。曝露中止により数分から15分で消失します。通常、紅斑は認められません。
・UV‐B(285〜320nm)
 曝露後30分〜2時間で発赤を生じ、10〜24時間でピークに達する紅斑(浮腫〈むくみ〉や水疱(すいほう)を伴うこともある)が認められます。この急性変化が消退すると、炎症後の遅延型黒化(曝露後5〜7日目にピークに達するメラニン色素の沈着)を来します。この黒化は徐々に減少していきますが1カ月余にわたり残ります。
・285nm以下(UV‐Cを含む)
 UV‐Bと同様に、発赤・紅斑・色素沈着を引き起こします。紅斑の出現はUV‐Bより早く(約8時間)、脱毛・皮膚炎・潰瘍を生じることもあります。
・発がん
 顔面や頸部(けいぶ)に皮膚がん(扁平上皮(へんぺいじょうひ)がんや有棘(ゆうきょく)細胞がん)を誘発することがあります。主に、UV‐Bが原因となります。

治療の方法

 紫外線曝露からの離脱が最も重要です。眼障害や発がん以外の皮膚障害は、対症療法が中心となります。皮膚がんは、進展度に応じた治療が必要です。

予防対策

 紫外線の強い場所では、サングラスや日焼止めクリームの使用が必要です。