アスピリン過敏症<アレルギー疾患>の症状の現れ方

 気管支喘息、鼻炎、じんま疹のすべてを起こす場合と、喘息だけ、あるいはじんま疹だけを起こす場合があります。喘息のある人では激しい発作を起こし、これをアスピリン喘息といいます。鼻茸(はなたけ)(鼻の粘膜にできる腫瘍)や慢性副鼻腔炎(ふくびくうえん)を合併している人に多くみられます。症状が進行するとアナフィラキシー様の症状がみられます。