網膜芽細胞腫<遺伝的要因による疾患>の診断と治療の方法

 家系内でリスクが高いと考えられる人については、出産前なら妊産婦検診時の胎児眼球超音波検査でわかることがあります。生後1週間以内〜5歳まで、年に一度の眼底検査を続けます。片眼のみ発症した人の反対の眼についても同じです。